四季百景和歌山市

下記情報は2018年6月30日をもって終了しました。

春のぶらり和歌山市

和歌の浦〜紀三井寺

和歌山市南西部に位置する、万葉集にも詠まれた風光明媚な景勝地・和歌の浦から、重要な文化財が多数現存する早咲き桜の名所・紀三井寺を巡る、歴史と浪漫に満ちた旅。

和歌祭

毎年5月に行われる紀州東照宮大祭の渡御。始まりは元和8年(1622)。紀州東照宮の108段の石段を勇ましく神輿が駆け下り、その後、太鼓や雑賀踊、薙刀振りなどの渡御行列が紀州東照宮を出発して、和歌の浦周辺を練り歩きます。戦国時代から遠くないためか、現在でも行列の中にその頃の様子が伺える種目もあって、他のお祭のお渡り行列との違いを見ることができます。

和歌祭

開催 5月13日(日)
場所 紀州東照宮・和歌浦周辺 MAP1
問い合わせ 073-444-0808(和歌祭保存会)
交通 和歌山バス「権現前」下車徒歩約1分

紀州東照宮

紀州東照宮

元和7年(1621)初代藩主頼宣が創建。本殿、拝殿は国の重要文化財で「関西の日光」とも。左甚五郎作の彫刻や狩野探幽作の壁画など精巧な彫刻と極彩色が特徴で一見の価値あり。

住所 和歌山市和歌浦西2-1-20 MAP1
問い合わせ 073-444-0808
駐車場 あり
時間 9:00〜17:00
料金 無料 ※社殿拝観料のみ有料(説明付き)大人500円、小人250円
交通 和歌山バス「権現前」下車徒歩約1分

観海閣

観海閣

紀州藩初代藩主・徳川頼宣が慶安年間(1648〜1652)に木造の水上桜閣として建立したもの(現在はコンクリート造り)。対岸から紀三井寺を望める絶好のロケーションです。

交通 和歌山バス「玉津島神社前」下車徒歩2分 MAP2

玉津島神社

玉津島神社

和歌の神様として知られる衣通姫尊(そとおりひめのみこと)が御祭神であることから、山部赤人や松尾芭蕉が詠んだ歌碑や、小野小町袖掛の塀など、歌人のエピソードが境内の至る所に残されています。

住所 和歌山市和歌浦中3-4-26 MAP3
問い合わせ 073-444-0472
時間 9:00〜17:00
交通 和歌山バス「玉津島神社」または「不老橋」下車すぐ

紀三井寺

紀三井寺

約12メートルを誇る大千手十一面観世音菩薩像に圧倒!

宝亀元年(770年)唐僧・為光上人によって開基された霊刹で西国三十三カ所第2番札所。境内には約500本の桜が植えられており、近畿地方一の早咲き桜の名所として有名です。

住所 和歌山市紀三井寺1201 MAP4
問い合わせ 073-444-1002
時間 8:00〜17:00
駐車場 あり
料金 大人200円、小中学生・70歳以上100円
交通 和歌山バス「紀三井寺」下車徒歩5分

◇紀三井寺 桜まつり

開催 3月20日(火)〜4月20日(金)

気象台の開花宣言の日から4月10日(火)まではライトアップも実施(18:00〜22:00)

紀三井寺

より大きな地図で 四季百景 2018春 春のぶらり和歌山市「和歌の浦~紀三井寺」を表示