四季百景和歌山市

下記情報は2018年11月30日をもって終了しました。

学芸員が教えます 和歌山城天守閣再建60周年 秋号

10月1日は、60年前に現在の和歌山城天守閣の竣工式が行われた日ですね!

天守閣再建までの道のりを多くの皆さんに知っていただこうと、和歌山城天守閣とわかやま歴史館では、秋のコーナー展示「和歌山城天守閣 再建」を企画しています。

どのような内容ですか?

天守閣にこれまで保管していた再建時の様子がわかる古写真や資料などを通じて、再建に至るプロセスを振り返ります。普段の展示ではみることができない資料もたくさん展示しますよ。

今回の展示の見どころを教えてください。

たとえば、これまであまり公開してこなかった再建時に集めた寄付金の名簿を展示します。再建までの過程では、「パンか郷愁か」をスローガンに、天守閣再建よりも、当時問題となっていた住宅難の改善を求める声がありました。しかし最終的には、市民や県民の皆さん、企業等からの寄付金が、総工費の約48%にあたる5700万円余も集まりました。

寄付金名簿

寄付金名簿には寄付金額や個人名、法人名などが記されている

戦後の復興で大変な時期に、たくさんの寄付が集まったんですね。

たくさんの寄付金名簿からは、当時の人々が天守閣再建にかけた思いを感じることができると思います。

総工費の約半分が寄付金だったと知ると、皆さんがいかに再建を待ち望んでいたかわかりますね。

寄付集めには市の当局もとても苦労したようで、和歌山県出身の実業家に声をかけたり、海外にまで寄付の呼びかけをするなどしていました。天守閣再建の設計にあたった東京工業大学教授・藤岡通夫氏の努力により、往時の姿そのままに再建された天守閣をみた時の市民の喜びは、とても大きかったと思います。

この秋、和歌山城では、企画展示を含めさまざまなイベントなどで天守閣再建60周年を盛り上げます。ぜひ足を運んでいただいて、一緒にお祝いしましょう!

天守閣内多門展示コーナー

秋の展示は天守閣内多門展示コーナーを第1会場、わかやま歴史館歴史展示室を第2会場として開催(写真は夏のコーナー展示)

教える人・教わる人

天守閣秋のコーナー展示「和歌山城天守閣 再建①」

日程 9月29日(土)〜11月25日(日)
場所 和歌山城天守閣 多門展示コーナー
営業時間 午前9時〜午後5時30分(入館は午後5時まで)
料金 大人410円、小・中学生200円 ※毎週土曜日は小・中学生無料

わかやま歴史館 秋の企画展「和歌山城天守閣 再建②」

日程 9月29日(土)〜11月25日(日)
場所 わかやま歴史館2階 歴史展示室
営業時間 午前9時〜午後5時30分(入館は午後5時まで)
料金 大人100円、小・中学生無料 ※天守閣との共通入場券で入館可